LAUNCH

RSP-01とは?

超小型人工衛星「RSP-01」は、スタイリッシュなデザインの筐体であることにこだわり、地球の周りを回りながら宇宙空間でアームを伸ばして地球を背景にカメラで『自撮り』(Selfie)をすることがメインミッションの人工衛星(CubeSat)です。 また、撮影した写真のなかからベストな画像を自動で選び、地上へ届けます。さらに地上からツイッターで集まったメッセージに「RSP-01」の部品が自動で返事をするという『チャット』をサブミッションとしています。 愛称「セルフィッシュ」(Selfie-sh)という名前には、英語で自撮りを意味するSelfieと、RSP-01に思うがままのミッションを詰め込みたいという開発メンバーのワガママ(Selfish)と熱い想いが込められています。

概要

名称 RSP-01(愛称:Selfie-sh セルフィッシュ)
主ミッション アームを展開し、先端のカメラで衛星本体と地球を同時撮影する
サブミッション 機械学習による画像認識とチャット機能、リアクションホイールによる姿勢制御の実証
姿勢制御 沿磁力線制御
サイズ 1U(10x10x11.35 cm)
重量 1.29 kg
軌道高度 380~420 km程度(放出時の国際宇宙ステーション高度)
軌道傾斜角 51.6°
ミッション期間 100~250日程度(弾道係数/放出高度/太陽活動などに依存)
打ち上げ日 2021年2月21日(日本時間 JST)
打ち上げ場所 米国の中部大西洋地域宇宙基地(MARS, ワロップス飛行施設)
ISS到着日 2021年2月22日(日本時間 JST)
ISS放出日 未定

ライフサイクル

  • JAXA引き渡し
  • 射場待機
  • 打ち上げ
  • ISS到着
  • 放出
  • ファースト
    コンタクト
  • 自撮り
  • チャット開始
  • 運用終了